備忘録

A.B.C-Zと、魔法少女と、サブカルチャーなど。

官僚不祥事で話を終わらせるな。これは全ての会社に起こりうる女性蔑視の現状だ。

財務省・福田次官からのセクハラ被害者は、テレビ朝日の女性記者だった。
との報道があった。
テレビ朝日は、社会を扇動し悪事は暴き日本を未来へ導くジャーナリストたるべきマスコミでありながら、女性社員を危険な場所へ導き悪事を隠蔽し黙殺した。
(今時そんなジャーナリズム中々ないんだけども。)

しかし、これは官僚とマスコミだけの問題じゃない。
営業職をかじったことのある女性なら、わりと経験がある話だから。

女だろ?
可愛げ出して数字とってこいよ。
数字欲しいんだろ?
お前は色気がないから、男からさえ数字取れないんだ。

私は決して性を使った仕事に就いたわけじゃないのに。
商品の良さを顧客に伝える仕事なのに。

あんまりフェミニスト的な思想は個人的に好きではない。
どちらかというと個人的には男尊女卑くらいのほうが好みなんだけど。
それでも、感じざるを得なかった違和感。
女性の性を勝手に会社の所有物・道具にして扱う会社と、それを特典として受け入れる顧客、それを「できた女」とか抜かして容認する社会。

これはどこにでも起こりうる、日常的なトラブルだ。

だからこそ、テレビ朝日は心を入れ替えて社会の先頭に立って、改革しなきゃいけない。
(会見の様子だと、しそうにないけど…)
この問題でテレビ朝日の重役や麻生大臣、まして安倍総理が辞任に追い込まれるのだとしたら、
日本の社長と呼ばれる人は半分以下に減るんじゃないか。
辞めさせて責任取るじゃ意味ないんだから。

そもそも福田次官の音声に合成疑惑もあるし、だからこそストレートなセクハラか、はたまたハニートラップや美人局、そして何故自社でなく同業他社に持ち込まなければならなかったのか。
これ、日本の会社の縮図だったりする。
テレビ朝日が責任を持ってその構造を暴くべきだし、調査結果を持って国会は職と女性蔑視の問題を深く考察すべき。

この後に及んで政権批判で終わらせんなよ。
これは私たちの生活の問題だ。

極論、他者の金使いに指図するな、という話。

世の中、他人の金の使い方にとやかく言う人が多い。
オタク的な趣味を持つと殊更に聞こえやすい雑音だ。
極論。
自分の金を何に使おうが勝手、
他人に指図するな。
勝手に使わせたり制限させたりするなんて愚の骨頂だ。
という話。


会社勤めの友人、Twitterで呟く愚痴
「女が女のアイドルにお金使うなんて理解が出来ない、という上司がキャバクラに行っていて意味がわからなかった」
生まれてからずっとなにかのオタクである私も、よくある。
もっとこういうことにお金を使えばいいのに。
そんなものにお金使うの?
ノイズ。

この世で最も大事なものは、お金と時間、そしてこの身。
だから、時間や労働の対価としてお金が支払われる。
不正な手段で入手したお金ではなく、個人が時間か身体を差し出した対価として得られたお金。
そいつが働いたわけでも時間を割いたわけでもない。
大事なお金を差し出していいと判断出来るほどに、欲しいものを人は買う。
だから他人に金の使い方をとやかく言われる筋合いなんてない。


使うことを強要することも侭ある。
会社だと飲み会や行事、オタクの中でもよくあるのが「お金使わないなんてファンじゃない!もっと皆んな使わないと!」という主張。
お前の金じゃないんだぞ。

知人程度の奴の為に、身体売るか?
上司のために寿命を差し出すのか?
この人になら時間やこの身を差し出してもいいと思える人や物にお金を使うのが、理想的だと思う。


私は、自分のお金と時間と身体が一番大切だから。
それだけはどんなに願っても、人から無償では貰えません。
お金を無償でコントロールしようとしないでください。
と、思った。

「男に頼らず生きていく」という言葉の矛盾

「男に頼らず生きよう」とか
「男の評価ばっかり気にするの、ダサい」とか
「性に開放されて、自分らしく」みたいな
そういう言説についてモヤモヤした気持ちがあった。

ふと、それを紐解いて考えてみる。

人間は中々どうして一人では生きていけない。
日々食べるお米は他人が育てたものだし、
そもそも私という存在は母親がいなくては存在し得ないし、
何もそんな壮大なこと言わなくても、
社会人が仕事をするには、仕事相手がいなくては成立しない。
人間は一人では生きていけない。

人には、認められたいという欲求がある。
その大きさはそれぞれだけど、
誰かに「頑張ったね」と褒められるだけで嬉しい。
誰かに無条件で抱きしめられたい。
誰かに手放しで愛されたい、必要とされたい。

この誰か、の話。
誰か、とは、自分の心地いい誰かである。
極論、すっごく嫌いな上司から褒められても
「は?今更何言ってんの?」となる。
自分の心地いい誰か。

最初の言葉に戻る、
「男に頼らず生きよう」という言葉って
心地良い誰かが「男性」であると決められた時代の言葉だ。

人は誰かに頼って認められてなんとか生きている。
自分の心地いい誰かは、
男性かもしれないし、女性かもしれない、異性かもしれないし、同性かもしれない、
動物かもしれないし、知らない人かもしれない、生き物じゃないかもしれない、たとえば趣味とか、これからはロボットとかも。

何かに頼らざるを得ないことは、人間認めなくてはいけない。
じゃないと辛い、とても辛い。
「男に頼らず」って言葉は、性に縛られた言葉だから、これまた辛い。

生物学的に考えると、って考えも浮かんだんだけども、今。
でも、せっかく人間に生まれたんだからね。
倫理を持った生き物だから。

自分の愛する存在に頼って生きる、
ということを許容したら楽になれる。
そうして、私は自分の心を軽くしようかなと、思いました。

人生の断捨離をして、見えてきたもの。

こんばんは。かけるです。
2017年に、人生の断捨離をしました。
それによる良かったこと、困ったことを覚えておきたいので書きます。

まず、断捨離したもの。
1.仕事
2.人間関係
3.恋愛
4.物欲
5.他人の芝生を見ること
大まかに以上。
以下、順番に良かったこと困ったことをつらつら。


1.仕事を捨てて
・良かったこと
なんといっても時間!時間を手に入れます。
そして、時間は思考を生みます。
良いことも悪いことも含め、自分を見つめる時間が出来ます。
今まで時間と思考を奪われ停止していた思いが溢れ出し、
もしブラック企業に勤めていたならば
「え?なんで私あんな会社居続けたんやろう?はよ辞めとけよ…」
と思います。
思考が進むと、「自分が何をやりたいか」「何をすべきか」「どう生きたいか」に行き着きます。
自分がやりたいこと、やりたくないこと、やらないこと、やらなきゃいけないこと。
人生が途端に自分のものになります。

・困ったこと
お金は困りません。使わなきゃ減らない。
上記「時間と思考」の前に立ちはだかるは、「虚無感」です。
仕事をするということは、社会と繋がること。
仕事を辞めるということは、社会と切り離されること、
と感じてしまいます。
急に、どこにも行かなくていい、何もしなくていい。
ふと、自分が居なくても世界が動いていることに気づいてしまう。
そして、何で生きてるんだろう?という問いまでたどり着きます。
(ここで立ち止まるとニートが生まれるんだなあと思いました。)
私はここで開き直って、別に私がいなくても世界が回るなら私は私のやりたいことをして好きに生きようと思考転換しました。
少しだけ、根気が必要でした。


2.人間関係を捨てて
(仕事を辞めれば当然仕事関係の人脈が切れる。就労中忙しく連絡が途絶えたまま切れた人たちもいる。なるべくして人との繋がりが減り、そのまま全て辞めてみました。)

・良かったこと
もちろん交際費は減るし、苦痛な飲み会も気遣いの疲労も圧倒的に減る。
何より、「自分が誰と居たいのか、誰と居ようと思わないのか」が分かり、
「誰が私と居たいと思ってくれているのか」がクリアーになります。
中島みゆきさんが人と人を糸に例えてるけど、まさに絡みに絡んだ糸と糸を解いて解いて整えると、本当に自分と重なっている人は誰なのか見えてくる。
こんな私にも、連絡をくれる人。
自分の時間を使ってまで、連絡をしたい人。
その人を大切にしようと思えてきます。

・困ったこと
寂しい。普通に寂しくなる…。
もしかしたら苦痛な飲み会が楽しかったんじゃ?という錯覚に陥ることもあります。
でもそれは錯覚で、少ないけど大好きな人たちと過ごす、その時間が増えるんだと思い直す。


3.恋愛を捨てて

2年お付き合いしていた人と昨年別れて、それから面倒くさくなって恋愛しなくなった。
これは別に良いことなかったです。
人によると思うんですけど私は結構恋愛していたい人なんだなと気づけました。
何も良いことないです。
意味わかんないくらいモテないし。
彼氏欲しいってことが分かったのが良いこと。
彼氏いないのが困ったことです。
何も良いことないです。彼氏はいるにこしたことないです。


4.物欲を捨てて
(仕事を辞めた時に、家にあるものをなにもかも捨ててしまいたい衝動にかられました。
流石にそれでは生きられないので全部は捨てないのですが、それでも捨てたり売ったりして物が半分くらい減りました。
減ると増やしたくなくなりました。
いわゆるミニマリスト、丁寧な暮らしがしたくなる。)

・良かったこと
本当に欲しいもの、好きなもの、必要なものを金額気にせず買うようになりました。
良いものにはちゃんとお金を払いたくなるし、めったなもの必要ないものにお金を使わなくなる。
節約になるし、心も豊かになった気がしています。
本当に欲しいものを買うから手に入れたときとても幸せになれます。
部屋も広くなります。後悔もしなくなる。

・困ったこと
たまに、必要なものが無いことがある…
衝動的に捨ててしまったカーディガン。
秋寒かった…
割と何とかなるけどカーディガンだけは結構困りました。


5.他人の芝生を見ることを捨てて

これは正直まだ完全に捨て切れたわけじゃないんですけど。
心が弱ると、戻ってきたりします。
でも、捨てると決めたら視界がスッキリハッキリしました。
心にいつも「でも人はいずれ死ぬ」を。
隣の芝生は青く見えます、そういうもんです、角度の問題です。
でも余計なこと考えてる暇あったら自分の庭充実させたほうが楽しい。
だって自分の好きにできるのは自分の芝生だけだから。
そういう心持ちで生きてます。


以上。いまんとこ。

ジャニオタ(えび担)が私立恵比寿中学さんの接触イベに行った話。

「整理整頓された日々に、たまにヒズミを入れないとバランスが崩れてしまう。ここはそのための場所なんだと、茜さんがまだ高校生だった僕とシンゴに話した。」
ー畑野智美『国道沿いのファミレス』より

こんばんは。

かけるです。

私は、通称ジャニオタ。
A.B.C-ZTravis Japanを中心にジャニーズ事務所を応援しているタイプの女。
無条件で現場に行くのはA.B.C-Zのとき。
そんなジャニオタが今日、
私立恵比寿中学の接触イベント エビクラシーに行って来ました。


お友達が元々エビ中のオタク。
一年前からずっと誘ってもらってたんですが忙しかったりジャニーズがあったりで行けず。
今日ふと、あるよ!とLINE。
今日、暇。
今日、行く!!

と言うわけで、
ジャニーズのオタクがスターダストのアイドル私立恵比寿中学さんに会いに行ったお話。
感想をつらつらつら。

・Mステ出るレベルのアイドルとこんなに話していいんですか?!?!?!
A.B.C-Z
2/1お渡し会、5/21写真集ハイタッチ会両方行った私。
トークイベントも兼ねてるし5人に会えるのはとっても嬉しい、けれど剥がしが早い早いので中々喋れない(喋れた方羨ましい…。)
そういうものだと思い楽しむ。
会えるだけで万歳!ハイタッチ万歳!!!
むしろ話してオタクっぽくなるくらいならいっそ!!
エビ中
いやめっちゃ喋る〜〜〜〜〜〜。
小林歌穂さん目めっちゃ見てくれる〜〜。
天使〜〜〜〜〜〜!
か「こ、こういうイベント初めてなんです!」
小「あぁありがとうございますぅ〜〜!」
か!わ!い!い!
小林歌穂さん〜〜〜〜
喋れるアイドル〜〜〜〜〜〜
女子ドルすごい〜〜〜〜〜〜〜〜

【結論】そりゃ喋れたら喋れた方が楽しい

・オタクの違いが如実
A.B.C-Z
ジャニオタの中でも年齢層が高めと言われているA.B.C-Zのオタク。
接触イベも基本静か。今からお花の展覧会でもいくんかな?と思うくらい、並んでいる間静か。
ハイタッチの後も静か。
めっちゃ静か。
「みんな緊張しすぎじゃない?!入社式かよ!」は橋本さんの名言
たぶん、滅多にないから他人と話してるどころじゃないんだと思う。
エビ中
めっちゃ賑やか!
オタク仲間の交流が凄いし、何より何を話したとか何を話すとかで盛り上がってる。
まずこなしてる回数が違うのだ。
いつもと違う所や同じ所、来てるメンバーやらの話をしていた。
何回もやってると、推し以外にも目がいくようになる。
友達が「会いすぎて話すことない」と言っていた。

【結論】会えないは会えないで楽しいし会えたら会えたで楽しい。


けど、どっちのオタクも楽しそうだし、どっちのオタクやっててもほんと楽しいよ!
アイドル最高!
ハピネス!
ばいばい!

defiled、解釈の話。

こんばんは。

かけるです。

4/19 昼のdefiledを見てきました。感想です。
めっちゃネタバレしてます。
とても自分勝手に解釈しています。


始まってしばらく、この話は「人間と機械の話」「人間が機械に侵食される話」かなと思ったのですが、段々違うと思いました。
この話の二つの要素。
・〈神聖なものを汚す〉という社会的な面
・〈ハリー個人の不幸〉という個人的な面
これがハリーの内部でないまぜにないまぜになって、観客をも混乱させる籠城なのかなと。

つまり、
・図書館の大事な目録を捨てられてしまう、これは図書館のために成らない、上は何もわかっちゃいないんだ、立ち上がらなければ正義のために、という社会的籠城
がハリーの中で大きくあって、
ハリー自身もそれを信じきっているし自分は賢く絶対的正義だと信じきっている。
だからこそややこしいんだけども、
・自分の主張や信条を否定されて仕事を辞めさせられたりかつては婚約者に逃げられたり、否定され続けてきた自分を目録に重ね合わせてしまった哀れな籠城
でもあるんじゃないかなと、思ったんです。
だから、ハリーは平和的解決を求めなかった。
ハリーは賢いから、分かるはずなんです、ブライアンの提案がベターであること。
爆破が目録の保存に建設的でないことは、分かるはずなのに、それを求めない、感情が彼を邪魔したから。感情が彼に蓋をしたからではないか。
あれはハリーの自殺なんじゃないか。
なんて思った。
〈delifed〉と〈defiled〉は表裏一体。

ハリーは目録に自分を重ね合わせてしまった。
古臭くて、味があって、uniqueで、そして捨てられる。
彼の抵抗、それが籠城。
ハリーは自分以外にもたくさんのものを目録と重ね合わせていました。
イタリアのカフェだとか。
それは彼の好きなもの。彼の汚したくないもの。彼の大事なもの。
彼自身もそう。

こういうと、すごくハリーのエゴで自己中心的に聞こえるし、実際たぶん見ていてそう思った人もいると思います。
あんまりにも自分勝手だ。
でも、別にこれはハリーが特殊なんじゃないと思います。
身近にある話だし、誰しもがハリーでありブライアンであるんじゃないか。

ハリーは全然キチガイなんかじゃなくって。
むしろ、この葛藤は誰しも起こりうるのに気づかない事象だと思う。
個々の正義は、個々の感情の上で成り立っているということを意外と忘れがち。
ハリーにとっての正義
ブライアンにとっての正義
観客にとっての正義
それは絶対的なものではない。もちろん重なり合うことは多分にあって、その重なり合う部分で人は法や秩序を保つのだけれど。
ハリーとブライアンの間に
絶対に交わらない部分があった。
神聖な部分。
観客によって感想が左右されるのも、その部分に起因しているところはあると思う。
人によって正義は違うんだな、と。
それは、感情の中で正義が形成されているからだとわたしは思いました。


見ている間に色んなことを思って、楽しかったです。
正直書き切れていなかったりまとめられない思いが色々あるので、またまとまったら改めて書こうと思いました。
まだまだ籠城は長いですが、お二人ともお体にお気をつけて…。

河合郁人と、ジャニーズ大運動会、の話。

こんばんは。

かけるです。

4/16 ジャニーズ大運動会へ行ってまいりました。
河合郁人がめっちゃくちゃ良かったので記録しておきます。
河合郁人のことしか書かない(KIMOI)
あとメモとかしてないので順番ぐちゃぐちゃ思い出した順に書いてる。抜けまくりだと思う。

0.ウォーミングアップから開会式
・はじめの方は河合くんいなかったので、何もしない貴族の五関さんとカメラがある場所を完全に把握し写り込みにくる天才アイドル塚田さんを見ていました。
・野球のウォーミングアップあたりで河合くんイン
・誰よりも綺麗にユニフォームを着こなし、誰よりも似合う河合郁人
 →後に試合中実況席でも触れられていた。〈野球をちゃんとやっていた人の着方〉とのこと。
    着崩さず、シャツしっかりインでとっても好青年!後半になると膝の辺りに土がついて黒くなっていた、頑張ったんだね。格好いい。
   何より、半袖でシャツインが河合くんだけだった(と思う…)ので2階から双眼鏡無しでも見つけられた、有難い。途中上着きちゃってからわからなくなった...笑
・河合くんは途中ですっと集団を離れて、応援席で進行台本に目を通す。
   →私、この時点で〈アッ…やっぱり河合くん進行側なんや…スゴイ…流石やで河合くん…ということは出番多いけど忙しいんやな…河合くん…〉と察する。
・私、何故かずっとLOVEの記憶がない…

1.50m走
・河合さん、てとてと走ってドベだった可愛い…。
・走り終わった後すぐに桐山さんと二人で白の応援席までてくてく歩いていった。おじさん二人がゆたゆた歩いてて可愛い。白の応援席は位置的に見えなかったからそのまま応援席にいたのかはけたのか分からないけど、その後の打ち合わせとかだったのかな。休みなし河合郁人

2.野球
・いつも一番始めに打ち、しかもヒットを出し2塁まで進める、〈さすがサラブレッド〉とのヤジ
 →WEST濱田くんが居たのでお馬いじり多かった。いじられる度にアップで映される河合郁人綺麗で嬉しい。
・応援団長としても活躍。打ったり練習したりコメントしたりで忙しい。゚(゚´ω`゚)゚。
・優しい野次。ジャニオタ的野次。中でも一番面白かったのは〈井上jet瑞樹〉本当に凄く良かったです。
・応援席に座って上田さんや翼さんと話したりもしていた。投げ出されたあんよが他の人よりも短い。一回、森田美勇人くんが近くに来てしまったので大変…距離をとって…と思った。
・途中で、ハンディカムを持って応援席をインタビューしていました。EDでは結構分かりやすく撮っていたけどこの段階では本当にさり気なく。
・たまに横尾さんが隣に来るので、また、大変…あんよみじかい…かわいくん大変…と思った。
・ジュニアの子にセクハラしまくる職権乱用ジャニオタだった。ちっちゃいジュニアのおしり見ないで河合くん。

3.PK
・要所要所で盛り上げたり、いじったり、基本的にマイクを持ったまんまの河合くん。進行表に目を通しながら、ずっと気を緩めないのスゴイ。
  →ポッケにマイクを挿しておいて、進行表見ながら、コメント言うときにさっとマイクを取り出す姿がめっっっっっちゃ格好良かった!
・近くにはえびきすが常にいる状態。この時戸塚さんがグラウンドインしていたので私はそっちもチラチラチラチラ見ておりました…戸塚くんの太もも
・五関くんがサッカード下手なときに嬉々としていじり倒す河合郁人さん
  →〈サッカー下手なくせに2着てんじゃねーよウキャキャ〉
   ジュニアには意地悪な野次を言わないけど五関くんには普段通り言う河合さんは本当に偉いし、これはつまりずーっと気を張って、思いついた面白いことをパッとすぐ言うわけじゃなくて選別した上で発しているということだと思う。
   数秒のうちにいじる方向性に合ったコメントを出す河合郁人。ほんっと賢い。
・時々、仲良し五関軍団とキャピキャピしてて、すこし安心した。仕事仕事って感じじゃなくって楽しみながら頑張っていた、余裕もあるんだもんね。すごいや。

4.障害物
・桐山おじさんと河合おじさんのコース説明めっっっっっちゃ可愛い。
・〈箱の中からジュニアの名前を1枚引いて、踊っているジュニアの中からその名前の子を探す〉という激面白コーナーの説明で、全然ジュニアを見つけられない河合くん。塚田さんがすぐに見つけて〈ここ!いるよ!ここだよ!〉みたいに言うも全然聞こえず後ろから戸塚さんが同じように指差し応戦。
   →あゝ美しいふみとつかだ…!!!
      なんていうか、ここで凄く思ったのが「あ、塚田さんも戸塚さんもめっちゃ真剣に二人の説明聞いてたんやな」ってこと。じゃないとパッと見つけで教えられないよね。
   今回は河合くんのこと中心に見ていたけど、レポでみる塚田さんが本当に素敵で、A.B.C-Zというグループに河合くんと塚田さんがいることが本当に嬉しいしそのグループを好きで入られて幸せ。
・競技が始まるとジャニオタの代弁者となる河合くん。なんていうか、河合くん素晴らしいポジションだよね。ちゃんとジュニアの子もデビュー組もまるっと把握した上でオタクの言いたいこと言ってくれる。職業・ジャニオタ 河合くん。

スラムダンクネタをちょいちょい挟み「あれ?笑」とジェネレーションギャップに苦しむ河合おじさん。
・上田さんに怒られて怖がる河合くん可愛いしめっちゃ嬉しそうだった。
・我らがはしちゃんが経験ないにもかかわらずさらっとフリースローを決めると「もってる」「センターだから」と末っ子にげろ甘やかしお兄、嬉しそう
・これは河合さん全く関係ないんですけど、戸塚さんのボールの投げ方がとんでもなくて最高に戸塚祥太でした。1球目ひどかった、見間違いでなければ両足びょーんと伸びてカエルさんみたいだった、めっちゃ戸塚祥太。最高好き
・塚田さん〈塚田の実家でバスケやった〉〈A.B.Cでやった〉河合さん〈やったね!ウキャキャ〉つかふみ〜〜。゚(゚´ω`゚)゚。ありがとう〜〜。゚(゚´ω`゚)゚。つかふみ大好き〜〜。゚(゚´ω`゚)゚。

6.選抜リレー
・ここらへんの記憶がない、思い出したら書く

7.閉会式〜エンディング
河合郁人桐山照史に賞をあげてほしかった。二人とも凄く気の利く進行でした。正直ギリギリまで、あるんじゃないかなって期待してた。
  →でもそれをツイートしたら、結構沢山の方が賛同して下さっていたから皆んなの心の中で表彰されているんだなと思う。それに、進行って表彰されちゃったら意味ないというか、変に自分だけが目立たずにちゃんと仕事を全うし会場全体を盛り上げてくれたから。だからこそ表彰されないことが美徳なのかなという気持ちもある。
・伊達眼鏡河合郁人is最高!!!!!!!!!!!!!!優勝!!!!!本日の優勝は伊達眼鏡河合郁人!!!!!
  →カメラに抜かれた瞬間、発狂する私。我を失ってしまったのですが、会場は盛り上がっていたのでしょうか。私は泣きました。
   しかもそのあと、メガネをカチューシャみたいにする掛け方で格好つけてて最高に格好いい。
   正直、全体を通して記憶が薄いことは全部エンディングの伊達眼鏡がかっさらっていったから的なところある。
・ジャニーズアイドルのみんながグラウンドで歌って踊る姿を特等席で見ながらハンディカムを片手ににやにやするトップオタの河合郁人さん。
  →その映像、何に使うの?それ事務所の?それとも私物?焼いてくれない?河合くんのプライベート映像も入っちゃってるから無理?むしろそっち頂戴?


とりあえず終わり。
とにかく楽しかったです。
お気に入りの梶山朝日くんも沢山見られたし(踊りめっちゃ良かったよ、えっちで)A.B.C-Zが良い子ちゃんで幸せでした。
色々と夜中には考えちゃうこともあったけどそれはお酒飲みながら浄化させればいいので。
とにかく河合くんにありがとうと言いたいです。本当に楽しかった。ありがとう。