備忘録

A.B.C-Zと、魔法少女と、サブカルチャーなど。

官僚不祥事で話を終わらせるな。これは全ての会社に起こりうる女性蔑視の現状だ。

財務省・福田次官からのセクハラ被害者は、テレビ朝日の女性記者だった。
との報道があった。
テレビ朝日は、社会を扇動し悪事は暴き日本を未来へ導くジャーナリストたるべきマスコミでありながら、女性社員を危険な場所へ導き悪事を隠蔽し黙殺した。
(今時そんなジャーナリズム中々ないんだけども。)

しかし、これは官僚とマスコミだけの問題じゃない。
営業職をかじったことのある女性なら、わりと経験がある話だから。

女だろ?
可愛げ出して数字とってこいよ。
数字欲しいんだろ?
お前は色気がないから、男からさえ数字取れないんだ。

私は決して性を使った仕事に就いたわけじゃないのに。
商品の良さを顧客に伝える仕事なのに。

あんまりフェミニスト的な思想は個人的に好きではない。
どちらかというと個人的には男尊女卑くらいのほうが好みなんだけど。
それでも、感じざるを得なかった違和感。
女性の性を勝手に会社の所有物・道具にして扱う会社と、それを特典として受け入れる顧客、それを「できた女」とか抜かして容認する社会。

これはどこにでも起こりうる、日常的なトラブルだ。

だからこそ、テレビ朝日は心を入れ替えて社会の先頭に立って、改革しなきゃいけない。
(会見の様子だと、しそうにないけど…)
この問題でテレビ朝日の重役や麻生大臣、まして安倍総理が辞任に追い込まれるのだとしたら、
日本の社長と呼ばれる人は半分以下に減るんじゃないか。
辞めさせて責任取るじゃ意味ないんだから。

そもそも福田次官の音声に合成疑惑もあるし、だからこそストレートなセクハラか、はたまたハニートラップや美人局、そして何故自社でなく同業他社に持ち込まなければならなかったのか。
これ、日本の会社の縮図だったりする。
テレビ朝日が責任を持ってその構造を暴くべきだし、調査結果を持って国会は職と女性蔑視の問題を深く考察すべき。

この後に及んで政権批判で終わらせんなよ。
これは私たちの生活の問題だ。